FC2ブログ

魅惑のおっさんネットワーク

Powered by Ayapon RSS! オススメ お悔やみ ブランドパラダイス



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ2もアツイ

作者不詳  早くも、はやぶさのたまごが見つかったと言う事で、低予算で有名な日本の宇宙開発も、俄然盛り上げを見せていますね。
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_main+CN2010061401000139_5

 昨夜、地球の大気圏への突入で機体は燃え尽き、小惑星探査機「はやぶさ」の壮大な旅はついに終わりました。
 現時点では小惑星「イトカワ」の土壌サンプル採取の成否はまだわかんないんだけど、はやぶさ君が宇宙開発に残した“財産”はとても大きいんだよ。

 感傷的な悲喜コモゴモはさておき、次なる『はやぶさ2』なんだけど、今度はC型と呼ばれる小惑星がターゲットなんだって。
まだどの小惑星かは決まってはいないんだけど、C型の小惑星、有機物をより多く含んだものと考えられていて、太陽系空間にある有機物がどんなものなのか?生命との関係は?とっても夢がひろがリングだぞ。
http://www.jspec.jaxa.jp/activity/hayabusa2.html
 で、はやぶさ冒険のおさらい。

そもそもの目的は、「探査のための技術を手に入れる」こと。

◇ イオンエンジンを主推進機関として用い、惑星間を航行すること
◇ 光学情報を用いた自律的な航法と誘導で、接近・着陸すること
◇ 微小重力下の天体表面の標本を採取すること
◇ 採取した標本を地球に持ち帰り、地上へ届けること

これらの4つの重要技術の獲得が目的だったんだね。

 分かりやすい動画をもらってきたぞ。




 ここまで漕ぎ着くまで、いろんな苦労があったんだね。

 「この瞬間から技術の離散と風化が始まっている。将来につながるミッションが必要だ」lっつうことで、事業仕分けなんか適当に蹴散らして、ガシガシ予算を勝ち取って貰いたいもんだ。
(2酸化炭素削減より、こっちの方がよっぽど有意義だと思うんだけど、どうでしょう。)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100614k0000m040137000c.html?inb=yt

[まとめ]
436 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/12(土) 03:33:25 ID:Tttz45Hl
探査船はやぶさに関するネットの記事で
「さあ、地球に帰ろう」というたったこれだけの文章にウルッときたw


439 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/12(土) 08:56:44 ID:TF6nXooZ
>>436
おれもこのコピペ読んでちょっとウル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(´・ω・)「ふぅ…なんとかサンプル取れたかなあ?あとは帰るだけだお」
(´・ω・)「体のあちこちが痛いお…でもコレ持っていかないと。みんな待ってるお」
(`・ω・´)「ガンガル!!」

(´・ω・)「宇宙は寒いよ…寂しいよ…ち、地球だ!見えてきたお!」 ←(今ここ)

(`・ω・´)「カプセル、分離!受け取って…」
(´・ω・)「ふうっ…終わったお…疲れたなぁ…もう軌道変更出来ないお・・・
       このまま大気圏突入だお」
(´・ω・)「ああ、大気圏がどんどん近づいてくるお…綺麗だなあ…」
(´・ω;)「地球か、なにもかも懐かしいぉ、これで本当のお別れだぉ
       石入ってたかなあ…無かったら、みんなゴメンだぉ…」
(´;ω;)「いよいよ大気圏突入だお・・・
      うあ!、ソーラーパネルが千切れたお・・・あ、熱いお・・・」
(´;ω;)「き、機体が溶けるお・・・あああーーキセノンガスが・・・」
(';;゚;ж;゚; )「うああああああああ!!!死にたくないよーーーーーーーーーー!!!」


441 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/13(日) 08:47:20 ID:CnT6f4X7
センチメンタルな奴が多いな。
帰ってきた「工学実験探査機はやぶさ」ってのは、ただの壊れかけた機械だろ。

だぁからぁ。
帰ってきた「はやぶさ」は、再突入回廊ではなく、より深い降下角度で大気圏に再突入する。
帰ってきた「はやぶさ」は、断熱圧縮による空力加熱で、真っ赤な軌跡を描く紅蓮の火の玉となり、轟音とともにダイオードひとつ残さず燃え尽きる。
燃え尽きた「はやぶさ」は、ゆっくりと成層圏に拡散する。
燃え尽きた「はやぶさ」は、高度13kmでジェット気流に乗り、天空を駆け廻る。
空を廻った「はやぶさ」は、高度6kmで乱層雲と出会う。
空を廻った「はやぶさ」は、昇華核として飽和水蒸気を集め、氷晶となり雪片となる。
雪になった「はやぶさ」は、ひらはらひらりと舞い降りる。
雪になった「はやぶさ」は、途中で融けて雨になる。
だから。

ある朝玄関を出たお前の肩先に落ちる一滴の雨粒、それが「はやぶさ」だ。




テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 宇宙 はやぶさ

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
わくわく!! おっさん島
 永遠のヤサグレ親父・はげ野郎がお送りする、おっさん目線の雑学・雑記集です。宇宙から生活裏情報まで、様々な情報をアップしてみようかと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
カテゴリー
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
おぬぬめ
ヤッフォ
フリーエリア
おっさんシンジケート
画像探査
最新記事
ニゥス
ナウなヤング
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


サーバー・レンタルサーバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。