FC2ブログ

魅惑のおっさんネットワーク

Powered by Ayapon RSS! オススメ お悔やみ ブランドパラダイス



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デメニギス (Barreleye Fish)

01.jpg


和名: デメニギス
英名: Barreleye Fish
学名: acropinna microstoma
生息地域: 深海(500~1000m)
全長: 15cm


02.jpg   北太平洋の亜寒帯から温帯域のベーリング海、日本、カリフォルニア沖の水深500~1000mに生息。 体長約15cm。体組織が軟らかく、捕獲してもすぐ身が崩れてしまうため今迄どんな姿をしているのか謎でした。透明なキャノピーのように見える部分はゼラチン状の組織に覆われ、中にある上向きの緑の脳味噌みたいな部分が目玉。おメメのように見える部分は鼻の穴だそうです。アメリカのモントレー湾水族館研究所(MBARI)が、カリフォルニア州中央沿岸部沖の深海で生きたデメニギスを発見しました。その軟らかく透明な半球状の眼球が無傷のまま見つかったのは同種では初となりました。

03.jpg デメギニスは水深500メートル以上の、真っ暗な水域に住んでいます。 眼球は、深海で餌となる発光クラゲを追跡する為に、球形ではなく円筒形となっていていて、また眼球を保護している頭部の半透明の組織は、クラゲの触手から目を保護する為と考えられています。真っ暗闇の深海での生活に適合した形なのでしょう。

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 深海 暗闇 ベーリング海 日本 カリフォルニア 体組織 捕獲 キャノピー ゼラチン 眼球

コメント

非公開コメント

わくわく!! おっさん島
 永遠のヤサグレ親父・はげ野郎がお送りする、おっさん目線の雑学・雑記集です。宇宙から生活裏情報まで、様々な情報をアップしてみようかと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
カテゴリー
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
おぬぬめ
ヤッフォ
フリーエリア
おっさんシンジケート
画像探査
最新記事
ニゥス
ナウなヤング
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


サーバー・レンタルサーバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。